【物語3】鉄道にハマった!乗りたい!乗りたい!乗りたい!

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
乗り物オタクの起業家&健康アドバイザー。月1で北海道に行くくらい旅行が大好き!もっと旅行に行きたい……そんな思いから起業をしました。ビジネス初月から人を雇ってネット上に自動で収益が上がる仕組みを構築。面白い知識をたくさん身に付けたいと思って日々勉強しています!メルマガ登録はこちら
詳しいプロフィールはこちら

前回:【物語2】僕は社会に必要とされていないんだと思った

今回は大学時代にハマった趣味についての話です。

 

僕は大学時代に一つの趣味に没頭することになりました。

鉄道です。

夜行列車です。

 

僕は奨学金を借りてそのお金のほとんどを趣味につぎ込みました。

ひたすら趣味に没頭することになりました。

 

昼も夜も関係なくぶっ通しで

力強く走り続ける鉄道が堪らなく好きになりました。

僕にはない強さがありました。

 

作られてから30年40年と経っていても

ひたすらストイックに仕事をし続ける列車に男を感じました。

 

12両の客車を機関車1両で引っ張っていく姿に感動しました。

 

鉄道が好きになった理由はもうひとつあります。

最寄駅のレールは北海道にも鹿児島にも四国にも繋がっていると言うこと。

日本全国全ての土地に路線図が張り巡らされていることを知って感動しました。

ロマンを感じました。

今、僕は東京にいるけど、鉄道に乗ればどこにでもいける!

 

それをなんとなく自分の人生に照らし合わせていました。

 

僕の人生のレールは一つじゃないはず。

きっと色々な道があるはず。

だから今は大変だけれども人生変えられるんだ!

 

上野を出たら12時間かかるけれどもしっかり着実に青森まで走り続ける「あけぼの号」

その姿が本当に大好きでした。

 

気がつけば鉄道に乗ることで、鉄道のことを考えるだけで充実した時間が流れていました。

次はどこに行こうかな

ワクワク

ワクワク!!

 

鉄道に乗っている時だけは本当に充実した時間が流れていました。

 

次回:【物語4】就職活動が全然うまくいかなくて精神崩壊した

この記事を書いている人 - WRITER -
乗り物オタクの起業家&健康アドバイザー。月1で北海道に行くくらい旅行が大好き!もっと旅行に行きたい……そんな思いから起業をしました。ビジネス初月から人を雇ってネット上に自動で収益が上がる仕組みを構築。面白い知識をたくさん身に付けたいと思って日々勉強しています!メルマガ登録はこちら
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

   

Copyright© 人生は行動で変えられる , 2018 All Rights Reserved.